正しい中学受験の国語の勉強法はこれだ!【苦手を脱却する3つの注意点】

はとせん

国語が苦手…どんな勉強をすれば克服できる?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 中学受験の国語の漢字・語句の勉強法
  • 中学受験の国語の読解問題の勉強法4ステップ
  • 中学受験の国語の勉強の3つの注意点

この記事を書く僕は、現役医学生。塾なしでの中学受験経験があり、家庭教師としての指導歴は5年以上です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者【はばたけ中学受験】

近年は、国語だけでなく4教科全てで問題文の量が多くなっている傾向にあります。

よく見れば簡単な問題なのに、長文に苦手意識のあるお子様は、ななめ読みで適当に解答してしまうのが非常にもったいない。

逆に言えば、国語の読解力を磨くことで、4教科の成績全てが上がる可能性を秘めていると言えるでしょう。

そこで今回は、中学受験の国語について、漢字や語句、読解問題のそれぞれの勉強法を詳しく解説していきます!

目次

中学受験の国語の漢字・語句の勉強法

まずは、漢字や語句の意味についての勉強法を紹介します。

  1. 計画を立てる
  2. 今日のノルマに取り組む
  3. 翌日、昨日の範囲をテスト
  4. 1週間に一度、その周に覚えた範囲をテスト
  5. ペースを上げてもう1周

始めるにあたってのポイントは、計画を立てて少しずつ取り組むこと。闇雲に取り組んでいては、どこかでめんどくさくなって辞めてしまいます。

「いつまでに1周終わらせるのか」「1日何ページやれば良いのか」を決めて、毎日コツコツ覚えていきましょう。

はとせん

漢字も語句の意味も問題集が変わるだけで、勉強法は同じです。

漢字の勉強法についての詳細は、以下の記事を参考にしてください!

中学受験の国語の読解問題の勉強法4ステップ

読解問題の勉強法は、以下の4ステップ。

  1. 1回目は音読をさせる
  2. 2回目に黙読をする
  3. 問題を解く
  4. 答え合わせをする

国語が苦手なお子様は、1回目に音読、2回目に黙読をするといった形で、2回読んでから問題を解き始めるのがおすすめです。

効果的に勉強するにはいくつかポイントがあるので、それぞれ深掘りしていきます。

①1回目は音読をさせる

国語が苦手な子は、まず音読から始めましょう。

というのも、音読をすることで語彙力・読解力が全般的にアップするからです。

声に出してスラスラ読むには、

  • 漢字の読み方
  • 単語の意味
  • 単語の切れ目(文節)

などを考えながら読む必要があり、文章構造を自然と考えるようになります。

知ったかぶりをして、適当に読んでいても丸わかりです。

読み間違いがあれば指摘し、重要語句があったら意味を知っているか質問してみましょう。

はとせん

国語力の底上げのために、めんどくさくても音読から始めさせてください!

②2回目に黙読をする

音読を終えたら、黙読で問題文をもう一度読みます。

一度音読をしているので、少し早めに読めるかと思います。

2回目は問題を解くために文章を読むので、筆者の最も言いたいことや、論の展開を意識しながら読んでいきましょう。

③問題を解く

文章を2回読んだら、ある程度頭に内容は入っています。

それでは、実際に問題を解いていきましょう。

中学受験で出題される問題は、主に以下の4種類です。

  1. 知識問題(漢字・文法・語句の意味など)
  2. 選択問題
  3. 抜き出し問題
  4. 記述問題

それぞれのコツは、以下の記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

長文読解の問題を解くコツはこちら

④答え合わせをする

最後まで解き終えたら、答え合わせをしましょう。

記述問題の解答は、要素ごとに部分点が記載されているものが理想です。

答え合わせのポイントは以下の3つです。

  1. 知識問題はテキストを開いて復習する
  2. ハズレ選択肢がなぜ間違いなのか説明させる
  3. 記述問題は部分点をつける

テキストを開き、間違えた漢字だけでなく、同じページに掲載されている漢字もついでに眺めておきましょう

また、ハズレ選択肢は、「文章と真逆のことを言っている」「表現が大げさ」など、間違いである理由が必ずあります。

きちんと理解し、根拠をもって選択肢を選べるようになりましょう。

はとせん

やりっぱなしでは意味がないので、答え合わせで考え方を学んでください!

中学受験の国語の勉強の3つの注意点

国語を勉強するときは、以下の3つを意識してください。

  1. 読書は5年生の夏まで
  2. 記述問題の採点基準を意識する
  3. 理科や社会の知識も使う

順番に解説していきます。

①読書は5年生の夏まで

読書は国語力アップに有効ですが、受験対策として読書をするなら5年生の夏くらいまでにしておきましょう。

というのも、受験直前にやるべきことは他にたくさんあるからです。

文章を読むスピードアップや、活字への苦手意識はなくなりますが、これらが直接点数に結びつくわけではありません。

理科や社会の知識を暗記する方が確実に点数は上がるので、5年生の秋ごろからは読書の時間を問題演習にあてましょう。

はとせん

低学年の頃に読書をするのは非常に有効です!

②記述問題の採点基準を意識する

記述問題は、普段から採点基準を意識してください。

最低でも、以下のルールくらいは絶対に守りましょう。

  • 語尾を設問の形式にそろえる…「なぜですか。⇒『~から。』」など
  • 字数をしっかり埋める…最低8割以上書く
  • 本文中の言葉を使う…自分で考えた言葉をなるべく使わない

国語は答案の雰囲気で採点されるのではなく、きちんと採点基準があります。

はとせん

字数が足りなければ採点すらしてくれない学校も多いので、分からなくてもなんとか埋めるよう指導しましょう!

③理科や社会の知識も使う

説明的文章では、理科や社会の知識も役立ちます。

動物に関する文章や歴史がテーマの話など、前提知識があれば頭に入ってきやすいです。

もし書いてあることが分からなくても、選択肢くらいはなんとか選べるでしょう。

国語だけで考えず、他の教科や普段の生活の知識を活かしていきましょう

まとめ:中学受験の国語の正しい勉強法を身に付けよう!

今回は、国語の勉強法やコツについて解説しました。

国語は急に伸びるわけではありませんが、配点が高く重要な科目です。

はとせん

正しい勉強法を身に付け、じっくり取り組んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【子供の将来を願う両親の味方】受験ノウハウの全てを伝えます│公立小→私立中高一貫→国立医学部│最高偏差値78.1│家庭教師歴5年│ブログ「はばたけ中学受験」│皆様の悩みが少しでも軽くなりますように

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる