【不登校こそ中学受験】不利にならない根拠と学校選びの3つのコツ

ピジョン

不登校でも中学受験できるの?楽しい学校生活を送ってほしい…。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 不登校の子こそ中学受験をするべき
  • 不登校でも中学受験ができる3つの理由
  • 不登校の子の学校選びの注意点3つ
  • 不登校の子の中学受験にはオンライン指導がおすすめ

この記事を書く僕は、現役医学生。塾なしでの中学受験経験があり、家庭教師としての指導歴は5年以上です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者

どんな理由であれ、子供が楽しく学校に通えないのは、親にとって残念なことです。

中学受験で環境を変えるチャンスがあるとはいえ、出席日数が受験に影響するのかなど、不安なことはたくさんあるだろうと思います。

そこで今回は、不登校の子が中学受験する際の注意点や学校選びのコツについて詳しく解説していくので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

目次

不登校の子こそ中学受験をするべき

不登校の子こそ中学受験をするべき

個人的には、不登校の子こそ中学受験をするべきだと思っています。

中学受験するべき理由

  1. 人間関係をリセットできる
  2. 明確な目標ができる
  3. 自信がつく

お子さんに合う学校に入学し、ガラッと環境が変わることで、まるで別人のように生き生きと登校し始める子は多いです。

ピジョン

志望校合格という明確な目標を設定し、成功体験を積むことで、前向きに学校生活を送るきっかけにしてください!

不登校でも中学受験ができる3つの理由

不登校でも中学受験ができる3つの理由
ピジョン

中学受験がおすすめとは言っても、本当に不登校でも大丈夫なの?

という方に向けて、不登校で不利になることはほとんどないという根拠を3つ解説します。

不登校でも問題ない理由

  1. 内申書が不要な学校が多い
  2. 採点官は忙しい
  3. 勉強が嫌いなわけではない

1つずつ深掘りします。

理由①内申書が不要な学校が多い

多くの私立中学では、小学校での成績表や内申書を提出する必要がないため、出席日数が学校側にバレることはありません。

というより、一番大事なのは試験結果であって、出席日数は重視していないということでしょう。

近年は、成績表や内申書をなくすのがトレンドなので、不登校でも全く問題ない学校はたくさんあります。

ピジョン

学校のホームページや資料の募集要項に、必要な書類が書かれているのでチェックしてみてください!

理由②採点官は忙しい

仮に内申書が必要でも、参考程度にしか見られず、合否には直結しないことが多いです。

というのも、入試当日の採点官は非常に忙しいからです。

何百とあるテスト用紙を採点し、翌日・早ければ当日中に合格発表しなければならないので、おそらく内申書を隅々までチェックしている余裕はありません。

「小学校の成績や内申書が合否に影響する」と明記されているならともかく、あまり気にしなくて良いでしょう。

ピジョン

気になるようなら、小学校に出席日数がどういう扱いになっているか確認してみてください。

保健室登校でも「出席」という扱いになっているなら、気にせず受験しましょう!

理由③勉強が嫌いな子は少ない

不登校のお子さんの多くは、勉強が嫌いなわけではないことがほとんどです。

多くは、友達関係や先生との相性が悪かったり、学校の授業が簡単すぎてつまらないといったものでしょう。

中学受験するための学力的には全く問題ありません。

ピジョン

のびのびと自由に勉強できる環境を整えるためにも、中学受験一択です!

不登校の子の学校選びの注意点3つ

不登校の子の学校選びの注意点3つ

ここからは、不登校の子の志望校選びの注意点を解説していきます。

学校選びの注意点

  1. 公立中高一貫校は厳しい
  2. 親が学校を決めない
  3. 低すぎる目標を設定しない

順番にチェックしていきます。

注意点①公立中高一貫校は厳しい

先ほど、内申書は必要ない学校が多いと書きましたが、公立中高一貫校は別です。

小学校の成績表が必要になるため、出席日数が低いと採点に影響する可能性が高い。

私立は数日で合格発表されるのに対し、合格発表まで1週間ほどかかるのも、しっかり内申書を見ているからでしょう。

どうしても公立中高一貫校を狙いたい場合は、学校の先生に出席日数による通知表への影響を確認してください。

注意点②親が学校を決めない

親御さんがいくつか学校を見繕うのは良いですが、最終的な志望校はお子さんが自分で行きたいと言う学校にしてください。

「自分で決めた学校」という意識があれば、合格後もしっかり学校に通ってくれるでしょうし、受験にも前向きに取り組めます。

ピジョン

親子で一緒に学校見学に行き、お子さんのモチベーションが高まるとベストです!

注意点③低すぎる目標を設定しない

最後に、私立中学であればどこでも良いからと言って、簡単に入れそうな学校を志望校にしないことに注意してください。

簡単に入れそうな学校を目標にするデメリット

  • モチベーションが低下
  • 合格しても達成感が得られない
  • 価値観の合う子と出会えない

受験に対するモチベーションが下がり、合格しても大して喜べません。

積極的に行きたかった学校ではないため、また何かのきっかけで不登校になってしまうのではないでしょうか。

無理はしなくて良いですが、できれば少しレベルが高めの学校を目指すのがおすすめです。

ピジョン

学力が近いと、価値観の合う友達とも出会いやすくなります!

不登校の子の中学受験にはオンライン指導がおすすめ

不登校の子の中学受験にはオンライン指導がおすすめ

不登校の子が中学受験対策をするなら、オンライン指導がおすすめです。

というのも、単純にオンライン指導ならストレスが少ないからですね。

オンライン指導はストレスが少ない理由

  1. うっかり小学校の生徒と会わない
  2. マイペースで勉強できる
  3. 近くに親がいる安心感がある

不登校の子の中には、小学校の生徒と合うのを極端に恐れている子が多いです。

保健室登校しているような子でも、他の生徒と合わないように、早めに家を出たりしますよね。

その点オンライン指導なら、自宅で授業を受けられるので、ビクビクする必要はありません。

友達と競争して成績アップを狙うなら集団塾がいいですが、不登校の子がそこまでする必要はないでしょう。

ピジョン

オンライン指導で自分のペースで勉強できればOKです。

以下の記事で、おすすめのオンライン家庭教師を紹介しています。

選び方のコツも合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめのオンライン家庭教師はこちら

まとめ:不登校でも中学受験で理想の学校生活を送れる!

今回は、不登校の子が中学受験するメリットや注意点について解説しました。

人間関係をリセットすることで、本当に楽しそうに学校に通えるようになる子もいるので、ぜひ中学受験にチャレンジしてもらいたいです。

ピジョン

いくつか学校を見学し、お子さんが行きたいという学校があれば、全力で応援してあげてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【医学生×中学受験】国立大学医学部|現役医学生|最高偏差値78.8(河合塾-全統記述模試)|地方中堅校(日能研R4偏差値:61)|塾なし中学受験|中学受験専門家庭教師|指導歴5年

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる