【親子別】中学受験のストレス解消法5つと見逃してはいけない危険なサイン

ピジョン

子供のストレスが溜まっていてよくケンカしてしまう…。どう発散させればいい?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 中学受験のストレス解消法5選
  • 中学受験のストレスが限界にきている危険なサイン
  • 親も中学受験のストレスを抱えてはいけない

この記事を書く僕は、現役医学生。塾なしでの中学受験経験があり、家庭教師としての指導歴は5年以上です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者

子供がストレスでイライラしていると、ささいな事ですぐケンカになってしまいますよね。

頑張っている証拠ではあるのですが、上手く発散させてあげないと、受験どころではなくなるほど精神的に追い込まれてしまうことも…。

そこで今回は、中学受験生におすすめのストレス解消法を5つ紹介したうえで、放置していると危険な子供の言動についても解説していきます!

目次

中学受験のストレス解消法5選

早速ですが、中学受験生におすすめのストレス解消法を5つ紹介します。

  1. ゲームをする
  2. 習い事をする
  3. 家族で遊びに行く
  4. 何か買ってあげる
  5. 美味しいものを食べる

1つずつ深掘りします。

①ゲームをする

たまにはゲームをさせてあげてもOKです。

自由にさせるとずっと遊んでしまうため、ゲームを禁止している家庭もあるでしょう。

とはいえ、上手く使えばゲームは最高の息抜きです。

きちんとルールが守れるのなら、一部解禁してやることも考えてみてください。

「中学受験 ゲーム」で、ゲームと上手く付き合う方法を解説しているので、ルール作りの参考にしてください。

②習い事をする

息抜きとして習い事を続けているお子さんは多いです。

水泳やピアノなどの個人競技であれば、4割くらいの方はやめずに小6の最後まで続けている印象です。

ただ、団体競技でレギュラーを続けていくのは難しいかと思います。

とはいえ、スキマ時間で勉強するための工夫ができれば、不可能ではありません。

習い事との両立のコツ

  1. 同時にできることをまとめる
  2. ノルマを毎日必ず終わらせる
  3. 自宅学習に切り替える

詳しくは、「中学受験生でも続けられる習い事の条件と両立する3つのコツ【整理せずOK】」で解説しています。

ぜひ最後まで読んで、習い事との両立コースを目指してください!

③家族で遊びに行く

家族で遊びに行くのって楽しいんですよね。

ボーリング、映画、ハイキング…

勉強も大事ですが、子供が大きくなったら一緒にしないような遊びをするのも大事だと思います。

僕はご褒美なしで勉強するのがあまりに嫌だったので、親に提案してポイントカードを作ってもらっていました。

ピジョン

ノルマが終わったら1ポイントとして、1ヶ月分たまったらどこかに連れて行ってもらうような感じです。

モチベーションにつながったので、ぜひ試してみてください。

④何か買ってあげる

シンプルに子供の欲しいものを買ってあげるのも有効です。

僕の指導していた生徒は、車が大好きでよくミニカーを買ってもらっていました。

とはいえ、バンバン買い与えてもわがままな子供になるので、ほどほどにしてくださいね。

ピジョン

成績が良かった時にあげたりするといいかもしれません!

⑤美味しいものを食べる

個人的に一番おすすめなのが、美味しいものを食べること。

親子ともにストレス解消になりますからね。

とはいえ子供の頃は、安い焼肉に連れて行ってもらうだけでも嬉しかったものです。

ピジョン

いつも頑張っているので、たまには外食してもバチは当たらないかと思います!

中学受験のストレスが限界にきている危険なサイン

ここからは、ストレスが溜まりすぎて良くない精神状態になっている例を紹介します。

頑張っている証拠とはいえ、以下の言動を見逃すのは危険です。

子供の危険なサイン

  1. 髪の毛を抜く
  2. 家の外で暴れる
  3. 体調不良
  4. やめたいと言い出す

1つずつ深掘りします。

①髪の毛を抜く

子供の抜け毛が多いなと感じたら注意してください。

ストレスから、無意識に髪を抜くのがクセになっている子がいるからです。

僕の妹も、一時期ストレスから髪が一部薄くなっていたことがありました。

ピジョン

見つけたらまずは皮膚科で様子をみて、しっかり相談してみてください。

②家の外で暴れる

家族に対して怒るだけならともかく、ストレス解消と称して、いじめをしたり学校の教室で暴れたりするようなら問題です。

いくらストレスがかかるといっても、身内以外に迷惑をかけるのを許してはいけません。

受験する精神年齢に達していないということなので、一度勉強を中断してゆっくり話を聞いてあげてください。

③体調不良

ただの風邪程度ならいいのですが、体調不良の原因がストレスの場合、注意が必要です。

  • 頻度の多い頭痛
  • 学校や塾の時間になるとお腹が痛くなる
  • 食欲がない
  • ずっとスマホをいじっている

上記の症状によって、とても勉強にならないようなら、一度勉強をストップする必要があるかもしれませんね。

ピジョン

場合によっては、病院で相談してみてください。

④やめたいと言い出す

子供はしょっちゅうやめたいと言い出すものですが、時に本気で限界がきていることもあります。

泣きながら訴えてきたときは、一度中学受験の方針を見直すべきかもしれません。

一度何が辛いかをしっかりと聞き、どうすれば受験のストレスを軽減できるか考えましょう。

詳しくは「【溝を埋める】中学受験をやめたいと言う子供との話し合い方と3つのコツ」を読み、受験対策のやり方を修正するきっかけにしてください!

親も中学受験のストレスを抱えてはいけない

子供のストレスを解消することも重要ですが、同じくらい親のストレス対策も重要です。

というのも、親のイライラは子供にも伝わってしまうからです。

親のストレス対策

  1. 子供に期待しすぎない
  2. 負担を夫婦で分担する
  3. 親のフォローが少ない塾に転塾する

子供よりも親の方がストレス耐性があるとはいえ、やはり根本的な解決も必要です。

1つずつチェックしていきます。

①子供に期待しすぎない

子供に期待しすぎないこと、いい意味で諦めることも必要です。

やれることを全てやっているのだから、これでダメなら仕方ない。

肩の力が抜ければ、自然と上手くいくものです。

ピジョン

子供に余計なプレッシャーをかけないためにも、気楽に考えてみましょう!

②負担を夫婦で分担する

中学受験において、親の負担は相当なものです。

お父さんとお母さん、どちらかの負担が重いようなら、役割分担について一度じっくり話し合う必要があるかもしれません。

お弁当作り、宿題のフォロー、塾への送り迎え…

お互い忙しいとは思いますが、一部お願いできないか聞いてみてください。

ピジョン

家庭が回らなくなるよりマシかと思います。

③親のフォローが少ない塾に転塾する

親のフォローを前提として、大量の宿題を出す塾なら、転塾も検討すべきかもしれません。

これは塾が悪いわけではなく、ただ相性が悪いだけなのです。

演習量が増えて学力アップする子もいる一方、こなし切れずにペースを乱す子がいるのも事実。

居残り学習でしっかりと面倒を見てくれる塾もあるので、一度他の塾も検討してみてください!

転塾のポイントを詳しく知りたい方はこちら

まとめ:中学受験のストレスを上手く発散しよう

今回は、受験生のストレス対策について解説しました。

勉強しろと怒鳴るばかりだと、取り返しのつかないことになることも…。

とはいえ、普通に勉強ができているようなら、よっぽどのことがない限り大丈夫です。

ピジョン

この記事を参考に、ストレスにうまく対処しながら、着実に成績を上げていきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【医学生×中学受験】国立大学医学部|現役医学生|最高偏差値78.8(河合塾-全統記述模試)|地方中堅校(日能研R4偏差値:61)|塾なし中学受験|中学受験専門家庭教師|指導歴5年

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる